篠木マリの勝手に日記

京都にほそぼそと生息する篠木マリです。ぼちぼちあれこれつぶやきます。

さいきんの読書3:ヨーロッパぶらりぶらり ほか

前職が謎なのですが、思い立って退職して、ひとりレコードレーベルの社長をしている方がいます。

彼がかかわるコンサートのお手伝いをちょこちょこ、したりして
谷川俊太郎さんの会では、打ち上げで隣に座らせてもらったこともあります、きゃ!

彼の手配するコンサートを何回か、お手伝いしたことがあるのですが
演者も、お客さんとしてやってくるひとも
世間の名声とか、社会的にとかではなく(いやそれもあるけど)、すごい人がいる。
何者なんだ。

FBでもお友達である彼は毎日、日々のささやかな写真をアップします。
なにげない日常の風景を切り取ってるのだけれど、すごく味を感じる。
何者なんだろう。前職、なんだったんだろう。

それから、蔵書であろう、本の表紙写真もたびたび、アップする。
キャプションなしで。
その本の表紙の装丁も、題も、著者もよいのよねえ。
こんだけ、素敵な本を持ってるなんて、何者なんだ。

アップされる本のなかで、気になった「闇市」を買ったら、これがとてもよかった。 

闇市 (新潮文庫)

闇市 (新潮文庫)

  • 発売日: 2018/07/28
  • メディア: 文庫
 

 これでアンソロジーのおもしろさ、編集者の底力を思い知ったものだった。

そんな彼の先日のアップを参考に、図書館で借りてきたのが山下清の「ヨーロッパぶらりぶらり」 

ヨーロッパぶらりぶらり (ちくま文庫)

ヨーロッパぶらりぶらり (ちくま文庫)

  • 作者:山下 清
  • 発売日: 1994/09/01
  • メディア: 文庫
 

 まだ読み始めて数ページなのだが、おもしろい。
昨年ハマった深沢七郎に通ずるものを感じて、
深沢七郎が精薄だの、山下清の再来だの言われてたというのに合点がいった。

続きが、楽しみ。

同時に図書館から借りたのは「葬送の仕事師たち」 

葬送の仕事師たち(新潮文庫)

葬送の仕事師たち(新潮文庫)

 

 こちらはいつものネット記事から興味を持って。
読み応えがありそうで、たのしみです。