篠木マリの勝手に日記

京都にほそぼそと生息する篠木マリです。ぼちぼちあれこれつぶやきます。

aかbか?もちろんa

週2日ある在宅勤務日は、お昼に夫と買い物にでかけるのがならいとなっています。

これまでは晴れの日は日傘をさして出かけていたのですが
そろそろ、陽光も弱くなってきた気がして
そしてきょうは若干曇りだったものですから
日傘をもたずに家を出たものの、歩きはじめたらすぐ不安になって

「日傘、もってくるべきだったかなあ」と言うとすかさず夫が
「持ってこなくてよかったよ」と答えてくれたので安心して歩を進めたのですが、続けて夫が

「返事の内容が
a.持ってこなくてよかった
b.持ってきたほうがよかった
だと、当然aだ。
『持ってこなくてよかった』と言われたら安心するが
『持ってきたほうがよかった』と言われたら不安になる。
結果(日傘がなくて日焼けするかもしれないし、しないかもしれない)が同じなら、安心する返事をしたほうがいい」

さすがSE~!

「これくらいなら、大丈夫なんじゃない?」
「もしかしたら、日焼けしちゃうかもね」
と自分の感覚で返事するひとが多いであろうなか、非常に理にかなっております。
ときどき、「このロボットめ!」と思うことはありますが
今日のこの回答には、感心いたしました。

男性諸氏には、このような思考法で女性に対応していただきたい(笑)。

曖昧とはっきりさせるの境界線

あえて物事に白黒つけず、
あいまいなままで余韻をたのしめばいんでないの、
ということもあるけれど、
ただの怠惰できちんと明らかにしないまま日々をすごしており、
こちらはちゃっちゃと確認すればいいんでないの、というものごともある。

というわけで、こないだから「あれ?どっちだったっけ?」
と思い始めた「領収書、領収証、どっちが正しい?どう使い分ける?」
についてググったところあっさり「どっちでもいい」。

正式には、「領収証書類」だそうで。

ただ、国税庁によると「領収書」が総称、「領収証」は狭義の意味なんだって。

www.makeleaps.jp

てなわけで、朝からすっきり~。
これは「すぐすれば、すぐ済む」の部類。

国それぞれ

還暦過ぎた夫が、若い頃の友達となつかしい写真を交換しあっているんだが
ロシア(当時はソ連)は徴兵制なので、軍務についてるときの写真多いのよね。で、可愛い~若者がにこにこと記念撮影で自動小銃(もちろんカラシニコフ)抱えてるのがお国柄~と思った。

そういや、わたしと同じ年齢のカザフスタン人女性は、学校の教科で銃の分解、組み立てがあったと言っていた。ほんと国それぞれだなあ。

好戦的でよいではないか

ボルダリングジムで見かけて気になっていた本
(リラックスタイムに本が読めるよう、漫画や本など置いてるところがあります)
精神科医和田秀樹さんの「感情的にならない本」をネットで購入、昨日届きました。

www.kinokuniya.co.jp

すら~っと、あっという間に読めてしまいました。

そして、書いてあることは納得で
これまで自分が経験して考えたり、
あれこれ調べたり本を読んで実践してきたことと、ピッタリ合うんだな。

要するに

・怒りを感じるのは数秒間。その感情を手放して忘れたほうがいい。
・ムカ!とすることはあっても、その気持ちを置いておいて別のとこに意識飛ばすと怒りはおさまる。怒りに執着すると自分の気分が悪くなるだけ。
・深呼吸をしたり、ほかのことを考える、集中するのが有効。
・考えても解決しないことは、考えないようにした方がいい。
・「べき」の思いが強いひとは、視野も選択肢も狭い。
・どうにもならん人は、心のなかで突き放してほっとくべし。
・できるだけ自分がたのしく過ごせるような考え方、行動をしよう。

という感じ。

「大体、わたしできてるな、フフッ」
と思ったものの

気をつけるようにはしているけれど
同僚のひとたちの、わたしからすると
「社会人だったらこれくらいできてるべきだろ!」
と対応や報告ぶりの足りなさすぎるところについイラっとして、
ひどいときにはついつい、指摘してはその返しにまた
「足りなさすぎる!」
と怒ってしまう。

これ、なんとかならんかな~とここんとこ思ってたんですが
「あいつら、こういうとこ足らん。正してあげねば」
と思い込んでたからイライラしていたのですね。

「ああいう人たちなんだから、仕方ないさ。
わたしの『べき』を押し付けないようにしよ~」
と、一応これまでもそう思うようにしていたもののうまく自分のこころをコントロールできなかったのが、この本を読んで
「よしよし、やっぱもうあいつらほっとこう」
と思うことでだいぶ、スッキリしました。

ほんでね、これまでは
自分の性質が好戦的であることを自分で批判してしんどかったんですが
いろんな本読んだり考えたりして、さいきんは
「好戦的でいいじゃない、もともとの性質なんだから。
ただそれをそのまま対人関係で攻撃に使うのではなく、
その思考を利用して、いろんなことがうまくいくように調整しながらやっていけばいいさ」
と思えるようになってきたんだ。

ひさしぶりに毒舌吐くぞお!

今週のお題「爆発」

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
超一流のひとほど謙虚でフレンドリーで
どこの馬の骨ともわからん者にも丁寧に応対してくださいます。

ちゅーとはんぱなヤツほど、「お前何様?」って上から目線よな。

ちょっと飲食業にかかわってるからって(なにかのプロでもないくせに)
わたしのブログみて「料理がんばってて偉いな」とか

ちょっと運動やってるからって
「フラとかボルダリング頑張ってて、偉いね」
とか。

ああ、自分が上から目線ってことにも気づいてないのかもな!

いろいろ、他山の石にさせてもらうぜ!

 

プログラミングを学ぼうかと思い始めた日

職場のひとの理解度、報告内容がアホすぎて何度も何度も聞き取り、指示しなおし。それでも全く納得できないレベルというのが続いて

「どうして世の中にはこんな理解力がなく、言われたことを理解して行い、適切に報告するということができないひとが多いのだ!!!」

と怒り狂ってたらSEの夫から

「そんなに無駄なことで怒ってたら、早々に燃え尽きちゃうよ」
「時々、プログラミングやってみたら。コンピュータってほんとバカだから、ひとつひとつ細かくわけて指示しなきゃいけなくて、バカへの指示の仕方も学べるよ。コンピュータ相手に怒ってもなんの役にも立たないから、できるだけ冷静になって、バカでもわかるように分解して指示をしていく姿勢がつちかわれるし」

と言われて納得。

「わたし、数学的能力が壊滅的にないから…」

と返すと

「いまどきは、数学的能力はあまり必要でないよ」
というんでちょっと趣味的プログラミングに取り組もうかと思い始める今日この頃。

敵前逃亡小僧

いやはや、新鮮な驚きに包まれております。

仕事がいま、大変でね。

現在社長が動けなくなっており
いくつかある事業を縮小していくってことで
事業の半分に関して、わたしがとりまとめてあちこちに連絡したり
事業所片付けていったりしとっとです。

そのうちのひとつである飲食店。
コロナ禍になり、ここ一年強は店長やってる男子ひとりで切り盛り。
しかし、この子が超絶できない君で、
売上あげるための努力はせんし、
社長が「こうしたら」という提案にも後ろ向き。

時短等の協力金でマイナスになってないものの
努力しているところがまったく見えず、
(社長がふらっと寄ってみたら寝てたとか、、、)
毎日の売り上げは1500円~5000円。
以前から、このお店をたたむことを社長は考えていました。

この機会に店をたたむか、できない君に引き継ぐか
(店舗引き継いで独立してもらう)
を検討するなかで、
「実際にいま、ちゃんとお店をあけているのか」
という確認依頼を受けて、わたしが13時に突撃訪問したとです。
すると、見事に閉まっている。

その場でできない君に電話して
「きょうはお店、開けてないんですか」
「あ、あの買い出しがあってまだ向かえてない状態です」
「何時に開ける予定になってます?」
「きょうは、これからになります」
「普段は、何時に開店の予定ですか?」
「11時半です」

飲料はいつものお店に届けてもらってるし
食べ物は出してないのに、なんの買い出しだあ?
これまでバカでできない子だけど、
自分の仕事には関係ないから、どうこういう筋合いにないし、
と思って優しく対応していたわたしがしゃきーんと冷徹になりました。
はい、わたしは「コワい」自覚あります。

「社長に頼まれて見にきたんですけど。
あと、これこれも用意してくださいとのことですので
わたしに送ってください」
と言ってばしゃんと携帯切った。

それが先週なかば。

週あけるとたちまち、月曜日にわたしのいるオフィスに顔出すことになってるできない君が
「引き継がないことにしました」
と言ってきて、確認するともう今週中に契約終了だと。

それで急遽、水曜日に同僚と物品の確認のために
(できない君がお店のものをコッソリ持ち出し売っ払わないように)
お店に行くことにしたんだが

それを決めたのは月曜日だったけど
時間に余裕を与えて、物持ち帰られたり隠されたりしたら嫌なので
水曜日の朝、「11時半に行きます」とLINEしたら
「かしこまりました」
と返信あったもののまもなく携帯が鳴った。

なにやらあれこれ言うのを順序だてて話させると

これまで光熱費等は請求書を社長に渡して払ってもらっており、
社長が動けなくなった先月からは、請求書類を私に渡してもらい、こちらで支払っているのですが(最初に「光熱費ほか、どこへのどんな支払いがありますか」と聞き取ったはずなのにあとからあとからやれUSENだおしぼりだゴミだと出てきて呆れてた)

・電気料金の6月分を払い忘れていたため、昨日から電気がとまっている。
・昨日、関西電力に電話をしてすぐ振込を行ったが、まだ電気が止まっている。
・復旧するまでにあと1時間半くらいかかるかもしれない

と言う。

「つまり、わたしたちが11時半に行ったとき、電気ついてないかもしれないといいたいわけ?」
「はい」
「どうしようかな、…でもまあ、予定通り11時半からにします」

同僚にはその旨連絡し、
「わたしは諸処への連絡があるのですこし遅れるかもしれないから、ろうそくつけて百物語でもやっといてください」
と言っておく。
同僚ものってくれて
「お盆過ぎなので、ろうそくが安く売られているといいのですが」
と返してくれる。

そうこうしているうちに「復旧しました」との連絡があったので出かける。

話を総合して推測するに、
昨日出勤してきてみたら電気がついてない。
慌てて関電に電話して払い込み。
あとでしれっとして「払い忘れてたので、経費から払っておきました」
と電気止められたこと(そして当然昨日働いてないこと)は言わずに報告するつもりでいたんだろうけど
今朝、わたしから「今日行きます」と言われて出勤したところ
まだ電気ついてないので慌てて連絡してきたんだろうな。

仕事できない君だけじゃなくて、悪いこともできない君でした。

そんなこんなで無事照明のついたなか、ある程度の引継ぎやらをして
散らかってる箇所を整理すること、契約解除に必要なあれこれを準備することをお願いして帰りました。

金曜日は、お店を閉める時間である20時にわたしが行き
最終の引継ぎをして、できない君の鍵を引き取ってサヨウナラの予定。
できない君、水曜に頼んだ業者への連絡はさっさとしてくれてちょっと見直したんだが、同時に頼んでいた、業者連絡先と契約解除の進捗状況表埋めて今日中に返してねと言ってたやつが返ってこなかったので木曜日に訊くと
「すみません、本日中に送ります」
それでも木曜日にも来なかったので
確認して抜けてるとこあったら訊きたいと思い、金曜日の昼に
「17時までに返してください」
とLINE送ったら既読スルー。

そのうち、会社の顧問弁護士から電話があって
「できない君から、『自分の契約の義務範囲はどこまでか』という質問があった。
どういう意図での質問ですか?
と尋ね返すと、片付けが終わりきらない、どこまで私の言うことを聞けばいいのか、私が来る前に郵便受けに鍵を置いて帰っていいか、という相談があったので『そこは契約の範囲内なので、きちんと職務をまっとうしてください』とお願いしておきました」
とのこと。

ほか、できない君のいう預かり経費の管理についてアヤシイところがあるので、それも確認してほしい、ただ、問い詰めるのではなく、やさしく…と言われたのではやる気持ちを抑え、好戦的な自分を持て余しながら念のためはやめに行ったのですが

・・・やられた。

案の定ドアが閉まっていて、水曜日に合鍵を預かっていたのでそれで開けたところ、もぬけの殻でした。

一応、片付けはしてあって、必要な書類はわかりやすいところに置いてあったけど

こどもかあ~???

う~ん、業種によってはこういうことする人多いのもあるんかもしれんけど
これまで長いこと、こういうことする人の存在しない世界で働いてきたもんでビックリ。
わたしコワい自覚あるけどさ、これしきでビビって逃げてたらこれからどうするのよ。

当然ながらわたしのLINEや電話にはもう出ない。
私コワいけどさ、別に個人的なうらみないし、
最後は淡々と引き継ごうと思ってたのに。
最後の最後で逃げて、これからビクビクした後ろめたい気持ちで過ごすのは自分なのに。
場合によっては「逃げるは恥だが役に立つ」んだろうけれど
社会人として多くの場合は逃げたらあかんこともある。
とくに今回、最後はわたしコワかったかもしれんけど一瞬だったし
(本人にとっては脅威だったのかもだけど)
何度も言うけど、最後は淡々と引き継ぐだけのつもりだったんだけどなあ。

いやはや、いろんなひとが世の中にはいるもんですね、勉強になります。